世界は煩悩でできている

アラサー腐女子が諸行無常の日常ネタを綴っていきます

アラサー・三白眼に勧めたいカラコン PienAge(ピエナージュ)

カラコンってなかなか難しいですよね。

私はメイクもあまり濃くないので、盛り盛りのカラコンはすごく違和感があります。そして大きな問題は三白眼…。

ナチュラル系のカラコンって着色されてる幅が狭いものが多くて、白目が出てしまうことがあってずっと気になってました。

でもPienAge(ピエナージュ)はそんな悩みを解決してくれました!ので、ちょこっとレポしてみます。

f:id:tetratan:20150908022640p:plain

 

PienAge(ピエナージュ)をアラサー・三白眼の人にもお勧めする理由

 まず私がおすすめするのはベリー限定です

 なぜかというと、このベリーの着色されている幅が広いため、三白眼の人がつけてもほぼ白目が透けません

白目が透けるって意外とあるんですよね…三白眼あるある。

そして、アラサーに勧める理由はレンズ直径14.0mm/着色直径13.2mmという絶妙なサイズ感だから。

カラコンで着色直径13.2mmは小さめなのですが、アラサーはこれで充分!

 

もう一つ、お気に入りのレンズでSEEDのアイコフレワンデーが同じサイズなのですが、残念ながら白目が透けないのはこのレース柄のリッチメイクだけ。

華やかなレンズで使い心地も良いので出番も多いのですが、内斜視気味の目に合わないような気がしていて、これに変わるものがないかずっと探してたんです。

 

つけてみるとものすごく自然で、カラコンだとわからないくらい

鏡で近くに寄っても、ナチュラルすぎて自分の目じゃないかと疑うくらいです。

私は普通のワンデーレンズも使っているんですが、うすい水色とフチの段差が結構めだつんですよね。

裸眼が見えるのにも関わらず、カラコンの方が使っていてナチュラルってどういうことなんでしょうか…フチがすごく自然だからかな。

しかしベリー以外はここまでしっくりきません。ちょっと透けてしまいます…。目の色素が薄い人はTEDDYならいけるかも。

 

とにかく、ここまでしっくりきたカラコンは初めてだったので、ぜひ同じような悩みの方は使ってみてはいかがでしょうか?