世界は煩悩でできている

アラサー腐女子が諸行無常の日常ネタを綴っていきます

ナマモノを扱う腐女子はなぜデリケートでなければならないか

深夜になんて爆弾を落としてくれたんだ!と私も、私の付近の人達も大騒ぎだったこれ。

ネタ的に面白かったからなんでしょうが、正直不快な気持ちでいっぱいでした。

togetter.com

 

どうして駄目なの?

 

一般的には二次創作自体がグレーだからという意見もありますが、私は本人たち/一般のファンが見て不快かもしれないからということを一番に押します。

もちろんグレーという意見が本筋と違っているということではありません。それもあるのですが、ファンアートの一環として並べるには内容的にもそぐわないと思うのです。

もちろん同性愛を否定するわけでもありません。それが異性愛の二次創作であるにしても、現実に存在している人がいる場合は、配慮すべきだと考えています。

そして現在の二次創作については、二次元/三次元関わらず、寛容な制作者の方たちの温情で成り立っているということは、忘れてはいけない事実です。

 

オープンにして楽しむものじゃない

二次創作すべてがそうとは断言するものではありません。

イラストやレポ等『全年齢が楽しく見れる/読める』ものに関しては、ある程度オープンにしても差し支えはないかもしれません。

ここは線引きが難しいところですが。

ただし異性愛/同性愛どちらともそうなのですが、それが以降の性的な行為やニュアンスが含まれるものになった時点で、オープンにすべきではないと考えます。

端的に言えばオナニーネタのような個人的な妄想を垂れ流すのはどうよってことです。

また、腐女子という言葉が一般的になってきたからと言って、すべてに受け入れられているとは思わないで欲しいですよね。

私は仕事柄オープンにすることで有利な点もあったため、職場にも周りにも腐女子バレをしているわりと珍しいタイプなのですが、『腐女子』という分類をあえて自分から行っただけでその内容までは深く周囲に口走ることはありません。

「職場のAさんとBさんがすげえいちゃいちゃしてかわいい……!」といった内容は鍵アカで同好の士がいる場所だけで呟きます。

だって妄想なんですから。こんなことオープンに言いはじめたりネタにした本とか見せたりしたら完全に空気の読めないおかしな奴でしょ。

 

ナマモノを扱う腐女子はなぜデリケートでなければならないか

冒頭に述べたように、ご本人がいるから、というのが最大のポイントですが、さらにそれ故にジャンルが消えてしまう可能性だってあるのです。

某ミュージシャンや芸人さん宛に直接送られてしまったというリアルな話しを知っていますが、もしそれで事務所側が大きくNGを出した場合、私たちは内輪で楽しんでいたものを取り上げられる可能性だってあります。

それは小さな可能性かもしれませんが、そこに『人間』として存在している以上、0には決してなりません

最近好きになった俳優さんのTwitterで、ご本人宛のリプで妄想を垂れ流しする方がいらっしゃいました。

やめてください。

鍵無しのアカウントで何しでかしてくれたんだ、と怒りを覚えるくらいにはマナー違反です。

でも、こういう感覚の人がオープンにしちゃうのかなとも思いました。

半年ROMれ、とは良い言葉です。なぜデリケートでなければいけないのか、納得いかない場合は検索してみることをお勧めします。

「三次元 気をつける」で検索してみると色んな意見が見れます。

 

 

私たちは小さな庭で自分たちだけで楽しめる内緒話をしているのです。決して大声で話せる内容ではありません。

だから静かにそっとしておいてください。そしてジャンルに足を突っ込んだ方達も、静かに楽しみましょう。